Bluetooth イヤホン

100306bluetooth.jpg

Bluetoothのレシーバー(Sony DRC-BT30)とイヤホン(Shure SE115)を買った。イヤホンのケーブルを直接iPhoneに刺さなくても、無線で音声が届く。ヨドバシで店員さんに教えてもらって、一体型ではなく、レシーバーとイヤホンを別に買うことにした。これだとイヤホンをいつでも交換することができる。

Shureのイヤホンはケーブルが短いのでレシーバーに刺してつかうのにちょうどよいと勧められた。初めてのメーカー、1万円近くした。耳穴につっこむ部分がシリコンか何かでできていて、少し押しつぶしてから耳に差しこむ。するとかなりしっかり密閉される。

無線なので音質は諦めてくれといわれていたものの、音は意外によい。いままで耳かけ式の安物をつかっていたので比較対象のレベルが低すぎるせいかもしれないのだけれど。ただし、歩きながらだと、足が着地するときの衝撃が伝わってきて、もごもごと妙な感触がする。

レシーバーも、充電さえしてしまえば、iPhoneに認識させるペアリング作業はいとも容易くできる。動画再生時には音声が遅れるタイムラグが気になるかもしれないという話だったが、いまのところそんなことはない。ストップや巻戻しといった操作スイッチはあるものの、iPhone OS側の事情でつかえない。通話機能もついているが、まあ保険みたいなものだ。

ぼくのiPhoneには音楽はなく、1月におこなわれたジョブズのキーノートスピーチの動画だけが入っている。英語の聞き取り練習を兼ねて、それをくりかえし聞きはじめた。