ホーム > その他のお知らせ > 映画というテクノロジー経験

映画というテクノロジー経験

長谷正人先生の『映画というテクノロジー経験』(青弓社)が刊行されました。これまで書かれた映画にかんする論文を集めたもの。その昔ぼくが編集者をしていたころに書いていただいた論文も収録されています。が、そういう個人的感慨はともかく、狭義の映画研究にかぎらず、いろいろな意味で重要な本だとおもいます。