ホーム > 空と雲と光 > 最初の空の青

最初の空の青

2016年の元日の空の青。青色とか空色というのではない。群青、紺碧、藍といいたくなるような色だった。

160104bluesky

写真はRX100Mk3で撮ったもの。JPEGで記録したまま、リサイズしただけ。

空が青いのは、太陽光が大気中で散乱するからだ。青は相対的に波長が短く、赤に比べて大気中で散乱しやすい。だからその青が濃いということは、大気中に微粒子が少ないということなのだろう。

こんな色の空を見上げながら歩いていると、ちょっとした深さの海の底にいて、海面から届くかすかな光を仰ぎ見ているような気がしてくる。

地球をとりまく大気もまた海のようなものであり、ぼくたちはその環境のなかでのみ生存可能なわけだから、それもあながち、ただの比喩的表現だとはいえないのかもしれない。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2016/01/04/bluesky2016/trackback/?_wpnonce=cef4afcb48
トラックバックの送信元リスト
最初の空の青 - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > 空と雲と光 > 最初の空の青

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 後悔先に立たず 2016年12月5日
    こんにちは、<うにょらへ>です。いつの間にか12月になっていました。師走です。師が走る月と書いて師走ですが、今 […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る