ホーム > ガジェット・道具 > カメラ

カメラのアーカイブ

ソニー NEX-5N

またデジカメを買ってしまった。ソニーのNEX-5ND(ダブルレンズキット)。初ミラーレスである。

買ったのはしばらく前、10月下旬のことだ。すでにタイの洪水の影響でソニーの工場も水没したという報道が出はじめており、店頭価格はぼちぼち値上がり傾向を示していた。

コンデジなら機種ごとに良し悪しを判断すればいいが、レンズ交換式だとそうはいかない。ある機種を一度買えば、それにともなって交換レンズを何本かそろえることになる。レンズは基本的に規格を越えた互換性がない。いったんある規格を選ぶと、とうぶんはそこから離れられなくなってしまう。

盛況にして発展途上ながら、乱立気味で先行きがいまひとつ不透明なミラーレスのなかで、ソニーを選んだ理由は何だろう?

詰まるところ、この規格がAPS-Cと大きな撮影素子をもつことに賭けたようなものではなかろうか。

マイクロフォーサーズ規格では、パナソニックのGX1に惹かれないでもないが、ニコンの1シリーズは、さすがにがっかりであった(じつはちょっとばかり期待していた)。でも、あれで踏んぎりがついたようなところもある。

手許にあったパナソニックのコンデジ、LX-5とならべ、リコーのGRD3で撮影してみた。カメラは、じぶん自身を撮影することができないということに、あらためて気づいて、ちょっとおもしろかった。

NEX-5NとLX-5。並べてみると、大きさにはほとんど違いがない。重さも、体感ではほとんど差を感じられない。(もちろん望遠レンズをつければ別。)

なりも中身も、一眼レフとコンデジの中間に位置している、ということだろうか。

難点は、MacOSXでRAWが未対応だったことだ。だがこれもつい最近、互換性アップデート3.9で対応となった。

しばらくは、こいつを相棒にしていくつもりだ。

いざというとき頼りになるのは

カメラの話である。

今回はLX5をメインのカメラとしてつかうつもりで首からぶらさげてきた。最近は、もっぱらコンデジばかり。一眼レフは重くてしんどくなった。

ところが、途中、撮影した映像に影が出ていることに気づいた。写真の赤い丸印で示したところが、その影だ。

レンズを清掃してみたが、影は消えなかった。もしかすると、撮像素子に埃が混入したのかもしれない。

仕方がないので、予備機として持ってきたGX200に切り替えた。

ところがこれも突然、レンズが出たまま、格納できなくなった。通常であれば、ボタンを押してオフにすれば収納されるはずだ。だが、まったく反応しない。バッテリをいったん取り出し、入れなおしてみたが、ダメ。

予備のバッテリに交換してみたところ、再び動くようになった。試しに、ダメになったときにつかっていたバッテリに戻してみた。何ごともなかったかのように稼動した。

GX200は思いのほかタフで、少々ぶつけても、雨に濡れても、ともかく動く。いまとなってはカメラとしての性能面ではやや古くなった感があるのは否めないが、個人的な信頼度は高い。

いざというときに頼りになるのは、カタログ上の高性能というより、タフさや経験に由来する信頼性、ということかもしれない。

最近の散財:LX5+LC-2

パナソニックのLumix LX5を買った。すでにリコーのGX200を気に入ってつかっている。機能的にはモロかぶりなのだが、この手のハイエンド・コンデジがけっこう好きなのである。

LX5で何がいいといって、16:9の画角、つまりHDと同じ画角での撮影が可能であることだ。しかも撮像素子をマスクするのではない、というのもいい。

  ▲LX5で撮った写真。遠くにそびえるのがスカイツリー

  ▲これもLX5で撮った。JPEGで撮影、サイズ以外は無加工

良い点ばかりではない。使い勝手のうえで大きな問題がある。レンズキャップが、一眼レフと同じように、いちいち手ではずすタイプのものなのだ。一眼ならレンズの径が大きいからまだしも、コンデジのレンズではひじょうに扱いにくく、しばしばレンズに指が触れてしまう。先代のLX3のころから不評だったようにおもうのだが、LX5でも改善されていない。

やはりLX3時代からネットでよく知られた対応策がある。リコーの自動開閉キャップをとりつけるという裏技だ。

 ➤  つづきを読む

GX200+VF用のケース

100225gx200case01.jpg

GX200用のケースが届いた。

購入時の記事で、suonoのGRD3用ケースがそのままつかえると書いたのだが、けっきょく同じsuonoのLumix GF-1用のケースを買うことにした。

理由は3つある。

第一に、GRD3用でもGX200本体は収まるのだが、ややタイトであり、とくに急いでいるときなど、実使用時に出し入れしにくそうにおもわれた。もう少し寸法に余裕がほしい。

第二に、ぼくの買ったGX200はVFキットである。ファインダーを付けた状態で収まるケースが望ましい。ファインダー装着状態で寸法を実測したところ、このGF-1用がほぼ適合しそうにおもわれた。

第三に、寸法上の違いにかかわらず値段は同じ。

というわけで、ややチャレンジングではありながら注文、二日で到着した。さっそく試して見ると、狙いどおりにちょうど収まる。よかった。

100225gx200case02.jpg

ふたつのケースをならべてみた。ほぼひとまわり、大きさに違いがある。この差は実質的にはファインダーの有無に拠る。素のままなら、GRD3用ケースでもほとんど問題ないだろう。

またカメラを買う

100207grd3gx200.jpg

またカメラを買った。2月は入試シーズンであり、個人的には物欲の風が吹き荒れる季節でもある。

買ったのはリコーのGX200である。もうVFキットしか残っていなかった。ヨドバシで値札57900円(ポイント15%)のところ、いろいろ話して53000円(ポイント15%)で予備バッテリをおまけしてもらった。

GX200にしたのは、同じリコーのGRD3を気に入ったからだ。GRD3は単焦点なので、これとは別にズーム付きのものが必要になったのだ。

とはいえ一年半前発売の古い機種である。リコーの現行機種はGXRというやつなのだが、これがレンズ・撮像素子のユニット交換式という摩訶不思議な方式を採用した代物だ。でかくて重く、おまけに高価。選択肢には入れられない。キヤノンのG11あたりでも悪くはないのだが(値段も安いし)、ちょっと大きくて重い。大きく重いのでよければ、一眼を持ちだせばいいに決まっている。コンパクトでそこそこの画を撮ることができるから意味があるのだ。となると選択肢はあんがい狭い。やはり2008年夏発売であるパナソニックのLX3と迷った末、レンズの出来と操作系を考えてGX200を選んだ。

ネックストラップは児島商店の革製のものを発注した。GRD3もこの製品で吊っている。細身で目だたず、ぐあいがよい。

問題はケースである。ヨドバシあたりで売っている汎用品に良いものはない。GRDにせよGX200にせよふつうのコンデジとちがって横のまま吊ることができる。その状態で出し入れができるケースがほしい。

GRD3用にはsuonoの専用ケースを手に入れた。以前に買ったMacBookAir用インナーが個人的にヒットしたのである。素材も仕上げもデザインもたいへん気に入っている。

しかしsuonoのラインナップにはGX200用と明示されたケースはない。GRD3用ケースのページには「「リコーGX200」はサイズが異なりますので本ケースに収納することはできません」とわざわざ注記してある。ところが、試しにGRD3用ケースにGX200(別売りレンズキャップ付き)を入れてみたら、ややキツくはあるものの、ちゃんと収まる。なんだ、これでいいではないか。

100207gx200suono.jpg

というわけで、GRD3用ケースをまた注文しなければならない。

なお本記事の写真2枚は古いIXYで撮った。

ホーム > ガジェット・道具 > カメラ

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 積み重ねの先にあるもの 2016年11月27日
     こんにちは。<チャーリー>です。 とうとう、卒論のゼミ内提出までの日数は残り1ヶ月を切りました。最近わたしが […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る