ホーム > 観たり読んだり > 映画を観る

映画を観るのアーカイブ

映画『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』のススメ

前回まで『FAKE』をとりあげたのにつづき、これもドキュメンタリー。でも様子はだいぶちがう。

シンプルでストレートで明るい。良し悪しはともかく、マイケル・ムーアのこの明るさは他ではなかなか真似できないだろう。

なお内容には触れない。公式はじめ各種サイトをごらんください。
http://sekai-shinryaku.jp

近年やや手詰まり感があったようにも見えるムーア監督。だが今回は、問題解決への糸口を見出そうとするにあたり、他者から学び自己を再発見するという方途を見出したところに、ずいぶん成長の跡が見られる(なんて書くと教師っぽくてじぶんで嫌になるけど)。個人的には、あの『ボウリング・フォー・コロンバイン』とはまた違う意味で、おもしろかった。

 ➤  つづきを読む

映画『FAKE』のラストショットについて 3/3

映画『FAKE』のラストショットについての話の第3回(最終回)です。

話の都合上ラストの部分に触れていますので、この先を読むかどうかは各自ご判断ください。

本文は「つづきを読む」をクリックすることで表示されるようタグを打ってありますが、スマートフォンなど小画面だと効かず、最初から全文が表示されてしまうケースもあるようです。

なお、よろしければ第1回第2回と順に読んでいただけるとさいわいです。

 ➤  つづきを読む

映画『FAKE』のラストショットについて 2/3

映画『FAKE』のラストショットについての話の続き。前回はこちら

なお話の都合上ラストの部分に触れていますので、この先を読むかどうかは各自ご判断ください。

本文は「つづきを読む」をクリックすることで表示されるようタグを打ってありますが、スマートフォンなど小画面だと効かず、最初から全文が表示されてしまうケースもあるようです。

     *

映画としては、このラストショットはパーフェクトだ。これ以外の締め方は、ちょっとないだろう。監督の完勝である。

 ➤  つづきを読む

映画『FAKE』のラストショットについて 1/3

後味の悪い映画である。映画『FAKE』(森達也監督)。人が悪いといってもよい。否定的にいっているのではない。迷っているなら観たらよいということだから。

ラスト12分間は衝撃だ、口外無用というようなことがいわれているらしい。むろん、そういうプロモーションである。それはそれでありだとして、ぼくは試写ではなくユーロスペースで観たから、そこに縛られる義理もない。ここではそのラストにかんして書こうとおもう。

というのも、ぼくの感じた後味の悪さは、ラストショットに集約されるからだ。電車の走行音やらドアの開閉の音やらケーキやらよく肥えた猫やら佐村河内氏の口太鼓やらその妻のすごく長い髪など、途中のいろんなディテールもおもしろいのだけど、それらについては省く。

なお、本作の背景ないし前提となっている佐村河内氏をめぐる一連の現象については、ぼくはひと通りのことしか知らないし、関心もあんまりない。本作にかんするぼくの主要な関心はこの映画そのものとその監督にある。そういう興味の持ち方は少数派かもしれないということを、あわせてお断りしておきます。

そんなわけで、ぼくとしてはまず作品をごらんになることを強く推奨します。この先を読むかどうかは各自でご判断ください。あとから「ネタバレじゃないか」と怒られても困ります。

べつに大したことが書かれているわけじゃないが、少々長いので三分割します。

 ➤  つづきを読む

スターウォーズ フォースの覚醒

『スターウォーズ フォースの覚醒』を観てきた。

米国の批評もおおむね好評、世界中でお客さんもずいぶん入っているらしい。それもまあうなづけなくもないという出来ばえである。

151223sw7

旧新両三部作のあとの新しい『スターウォーズ』。しかもルーカス・フィルムがディズニー傘下に入って最初の『スターウォーズ』である。期待やプレッシャーは半端ではなく、なにをどうやっても文句を言われること必定というような、なかなかに困難なミッションだったとおもう。

かててくわえて、いまやそれはたんなる一フィルムという牧歌的状況にはない。おもちゃやTシャツからディズニーランドのアトラクションにいたるまで、あらゆるビジネスが一蓮托生となった一大マーチャンダイジングの要、いいかえるなら今後当分これでがっつり儲けさせてもらう気満々の巨大投資なのであって、失敗は許されない。そのようなもろもろの期待やプレッシャーに、なかなかの塩梅で応えている。

 ➤  つづきを読む

ホーム > 観たり読んだり > 映画を観る

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (146)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (243)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 先入観 2017年3月24日
       こんにちは、〈うさぎ〉です。わたしたち8期生は、先日明治学院大学を卒業しました。最近は桜の花もちらほらと […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る