ホーム > 本を読む | 著作・寄稿のお知らせ > 書評の見出し

書評の見出し

『週刊読書人』に依頼されて書いた書評の掲載号が届いた。書評対象は、前岩波書店社長の大塚信一さんの著作『理想の出版を求めて』と、同じく岩波書店出身の川上隆志さんの著作『編集者』の二冊。いずれも編集部から指定されたものだ。

ところで、この書評には見出しのようなものが二つ付けられている。いずれも編集部によるものである。ゲラも棒組みだったし、なんの相談もうけなかった。つまり書評者は一切あずかり知らない。新聞では記事と見出しを別の人間が担当するのがふつうだし(同紙が体裁だけでなく内実もまた「新聞」なのかどうかはわからないが)、今回も編集部なりの考えがあってのことなのかもしれない。

なんにせよ確かなことは、原稿を書いた本人が付けるのであれば絶対に採用しない類の見出しだということだ。掲載された記事を見て、これがほんとにじぶんの書いた原稿なのかどうか、よくわからなくなってしまった。