ホーム > その他の散歩旅 | ゼミ・授業 > 工場見学

工場見学

ゼミ生たちが企画した工場見学に、ぼくも参加してきた。キッコーマンの「もの知りしょうゆ館」。東武野田線の野田市駅ちかくにあり、ぼくは以前にも一度いったことがある。今回はディフェンダーで出かけていった。

蛇口をひねると醤油が出るといわれる野田。市内には醤油の香りがただよっている(ほんとに)。駅前は閑散として、高い建物がほとんどない。少し歩いて旧県道沿いまで出ると、アーケード街などがある。

さて、見学のほうは、定時の解説つきツアーにくわわってまわった。夏休みとて小学生の一群と同居である。コースは、醤油製造の工程をおおまかにたどるという趣旨。館内はひろく、パネルなどもつかってわかりやすいことはわかりやすい。

150820noda01

個人的な感想としては、もう少し展示の内容を詳しくしてもいいような気もした。経験や勘に依存していた醤油製造のプロセスをどのように機械に置き換えていったのかという点など、もっと深く知らしめてよいようなものがあるようにもおもう。

写真は、とくに説明もなくおかれていた、巨大卓上醤油瓶。小柄なゼミ生と同じくらいの背丈である。

150820noda02

ちなみに、知られている界隈にはよく知られているように、この卓上瓶の形は、今年2月に亡くなった工業デザイナー榮久庵憲司氏による傑作である。

ツアー終了後、カフェでしょうゆ味のソフトクリームというのをたべたあと、御用蔵を見学した。敷地内にあるお城のような建物が御用蔵である。宮内庁に献上するための醤油をつくっているという。

150820noda03

こちらの製造工程は機械化されておらず、手づくりなのだそうだ。しかし、そのことと、室内が床も壁も真っ赤であることとの関連は不明である。

150820noda04

解説用のディスプレーに、作業している職人さんの映った映像に、実際に訪問している見学者たちを撮影した映像を合成して映しだされていた。

150820noda05

どういう趣味なのだかわからないが、宮内庁御用達の手づくり醤油との落差が奇妙な味をかもしだしていた。

150820noda06

工場見学というのは、なかなか愉しい。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2015/08/20/noda/trackback/?_wpnonce=248089ab78
トラックバックの送信元リスト
工場見学 - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > その他の散歩旅 | ゼミ・授業 > 工場見学

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • それらしさから抜け出すこと 2016年12月9日
     こんにちは〈KUJIRA〉です。12月に入りましたね。一回目の卒論提出日まで三週間を切りました。最近はほとん […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る