ホーム > 登壇・レクチャーのお知らせ > 国際シンポジウム「〈日常〉とは何か──西欧の場合、日本の場合」

国際シンポジウム「〈日常〉とは何か──西欧の場合、日本の場合」

今週末に「」という国際シンポジウムがひらかれます。ぼくも登壇します。

151129everyday01

  • 日にち:12月5日(土)6日(日)
  • 場所: 青山キャンパス17号館6階、本多記念国際会議場
  • 参加自由、入場無料

詳しい情報は青学のサイトにて(日仏併記)。

シンポジウムの案内:
http://www.cl.aoyama.ac.jp/french/2015/conference/

プログラム(日本語版):
http://www.cl.aoyama.ac.jp/french/2015/conference/quot-programme-j.html

発言要旨集(日本語版):
http://www.cl.aoyama.ac.jp/french/2015/conference/resume-j.html

ぼくの発表は「〈アトラクション〉としての日常──身体とテクノロジーの遊戯」と題するもの。これまで考えてきた〈アトラクション〉の概念を、テクノロジーの浸透した社会における日常性を捉える視座として示すのがミッションです。

発表時間の限られた場で抽象的な主題をたてるのはあまりお利口ではないかもしれないのだが、これを話さなければ登壇の意義はほぼなくなるので。どこまで果たせるだろうか。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2015/11/29/everyday_coference/trackback/?_wpnonce=97fae8107d
トラックバックの送信元リスト
国際シンポジウム「〈日常〉とは何か──西欧の場合、日本の場合」 - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > 登壇・レクチャーのお知らせ > 国際シンポジウム「〈日常〉とは何か──西欧の場合、日本の場合」

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 後悔先に立たず 2016年12月5日
    こんにちは、<うにょらへ>です。いつの間にか12月になっていました。師走です。師が走る月と書いて師走ですが、今 […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る