シバミノル、連載小説の挿絵を描く

お知らせと宣伝です。

ゼミの卒業生でアーティストのシバミノルが、このたび連載小説の挿絵を描くことになりました。

作品名:燃え殻「これはただの夏」
掲載誌:『yom yom』8月号(7月19日配信開始)、新潮社

yom yom vol.66 2021年2月号 | 新潮社
新潮社がお届けする『yom yom vol.66 2021年2月号』の情報 目的と必要の世界に屈服させられたくはない。「居住」とはなにか。不可視のテリトリーを築き、支配なき共同の生を紡げ。(誌面のことば――栗原康「いまこの場を旅して住まう――痕跡のアナキズム」より)

作家の燃え殻さん直々にご指名いただいたとのことで、本人はいたく張りきっていました。小説は、前作『ボクたちはみんな大人になれなかった』の続編(?)らしく、隔月刊で連載されるとのことです。

みなさま、どうぞごひいきに。

タイトルとURLをコピーしました