お知らせ

ゼミ・授業

シバミノルのアーティスト・イン・レジデンスと個展

ゼミ1期生のシバミノル、最近は浜松方面で「制作場所提供事業」(アーティスト・イン・レジデンスの役所ふうの言い方らしい)に採択され、活動しているようです。中日新聞にも記事が掲載されました。主題はむしろ事業そのもののほうですが、ちゃんと「画家」...
サイト更新のお知らせ

旅の栞——OBOGコラム「くじら戦記」公開

意外に(といってはなんだが)好評らしいゼミOBOGコラムですが、このたび新作が公開されました。 「くじら戦記——会社と徹底抗戦した1年間の記録」。 リンクはこちらから。 いかにも〈ゆみ〉らしい話ですね。どうか元気でやっ...
著作・寄稿のお知らせ

『プリズン・ブック・クラブ』書評を執筆

アン・ウォームズリー『プリズン・ブック・クラブ——コリンズ・ベイ刑務所読書会の一年』(向井和美訳、紀伊國屋書店)の書評を執筆しました。『週刊読書人』2016年11月4日号に掲載されています。読書と人間性にかんするなかなか興味深い本だとおもい...
著作・寄稿のお知らせ

読書人2016年上半期アンケートに寄稿

例年どおり今年も『週刊読書人』の「上半期の収穫」という読書アンケートに寄稿させていただきました。7月22日(金)発行の号に掲載とのことです。 今回とりあげたのは以下の3点。 エイドリアン・フォーティー『メディアとし...
サイト更新のお知らせ

ハウパーヴィラを見にゆく

ハウパーヴィラを見にいってきた話を「さんぽのしっぽ」にて公開しはじめた。 ハウパーヴィラとは、シンガポールにある面妖なテーマパークである。フィギュア1000体、ジオラマ150点ほどあるそうだが、それらが中国の民間伝承などを再現している...
サイト更新のお知らせ

旅の栞——OBOGコラムvol.8公開

ゼミのOBOGコラム「旅の栞」に、第8弾「かけるのは、時と醤油と数と文章」を公開しました。 執筆者はゼミ2期生の〈ふーみん〉さん。 『時をかける少女』で卒論を書いてから5年。「平凡な大人」を生きる意味について、発見したこ...
ゼミ・授業

卒業生より二人展開催のお知らせ

昨日につづき卒業生からのお知らせ第二弾。こちらはメディア系列一期生の二人(有地慈・シバミノル)による展示の告知です。 有地さん執筆の案内文を貼付します。そういえば、このころは授業で鶴見俊輔さんの『限界芸術論』を読んでいたのでした。 ...
ゼミ・授業

卒業生よりグッズ作製サイト開設の宣伝

卒業生よりお知らせ、というか宣伝です。 宣伝の内容としては「オリジナルグッズ・同人グッズなどを小ロットで作製できるサイトを開設しました」とのことです。 「創作活動・同人活動などされている方や、なにかオリジナルのグッズ...
著作・寄稿のお知らせ

アンニョリ書評を日経に

アントネッラ・アンニョリ『拝啓 市長さま、こんな図書館をつくりましょう』(みすず書房)の書評を執筆させていただきました。 本日(5月29日)づけ日本経済新聞に掲載とのことです。ご笑覧いただければさいわいです。 といっても、ぼく自...
サイト更新のお知らせ

クラゲを見にゆく

春の庄内散歩旅(全4回)を書いたが、そのとき見学した加茂水族館と、そこに展示されているクラゲについて「さんぽのしっぽ」のほうにあげた。よかったらご笑覧ください。 加茂水族館は展示も立地も含めて、なかなかにいいところである。館か...
タイトルとURLをコピーしました