ホーム > ガジェット・道具 > 生活の道具

生活の道具のアーカイブ

エスプレッソ・メーカー

エスプレッソ・メーカーを買った。先月のことである。

自宅でエスプレッソを淹れたい。数年前にそう考えた。エスプレッソはマシンで淹れるものという先入観があったので、家庭用を調べてみた。どれも使えないことがわかった。高価すぎ、でかすぎ、ランニングコストかかりすぎ。自社のカートリッジ以外は不可という機種まであった。インクジェットプリンタ商法そのまんまだ。

そのあとエスプレッソ熱はしばらく冷めていたのだが、あるときガスコンロの直火をつかった簡単な器具があることを知った。

さっそく調べてみると、楽天で専門店が見つかった。イタリア製。ほかに特別な器具は必要ない。豆も、ドリップ用のものをそのままミルで挽いてつかえる。これだ! というので、ただちに購入した。

アルミ製とステンレス製とがあり、後者を選んだ。これで一度に4杯分を淹れられる。といってもデミタス換算なので、4杯分はほぼマグカップ1杯分に相当する。

上下分割式の構造で、上がポット、下がボイラー。ボイラーを火にかけて蒸気で圧をかけ、一気に上のポットに抽出するということらしい。

明解な構造どおり、使用法も簡単だ。まず上下に切り離す。下部にだけ水を入れる。漏斗のような粉入れを差し入れ、そこに挽いた粉をすりきりちょうどの分量いれる。上部のポットを装着したら、あとは弱火でコンロにかけるだけだ。

2分ほどで、ボコボコと大きな音がし、注ぎ口から湯気があがったら、できあがり。蓋をあけてみると、最初は空だった上部のポットがエスプレッソで満たされている。

あらかじめ温めておいた牛乳に注げば、カフェラテになる。これがおいしい。《あ》もぼくもすっかり気に入り、毎朝2杯ずつ飲んでいる。

当初は何度か失敗もした。そこで学習した注意点を記しておく。

その1:
下部に水を入れるさい、ナット型の弁よりも水位が低くしておくこと。弁の位置より多く水が入っていると、圧がうまくかからなくなるためか、上部のポットにエスプレッソがあがってこない。

その2:
上部と下部をつなげるさいに、コーヒーの粉などは極力とりのぞいたほうがよさそう。小さなものでも挟まると隙間ができ、そこから蒸気が漏れて、やはりうまく抽出できないことがあるようだ。

メガネ

いろいろと書きたいこと、書かなければならないことはある。だからといって、それをそのまま書いてしまえるような精神構造ではないらしい。書いたからといって、なんでも公開すればいいというものでもないだろう。というわけで、今日もひどく暢気な話である。

肌に直接つける装飾品というのが苦手だ。指輪とかネックスレスとかピアスとか、そういう類いのものを手をだそうとおもったことがない。

でも、ひとつだけ例外がある。メガネだ。もっとも極度の近視・乱視だから、メガネは装飾という以前に必需品といったほうがより適当かもしれない。

一日のうちでメガネをかけていないのは、寝ているときと風呂に入っているあいだくらいだ。初めてメガネをつくったのは小学校4年のときだっったか。以来ずっと、ぼくの顔にはメガネがのっかっている。コンタクトレンズなどというものはつかったことがない。

先日のことだ。庭に勝手に生えてきたネズミモチの木を伐っていた。伐った枝が反動でこちらに飛んできて、メガネにあたった。急に目の焦点がさだまらなくなった。

汗がレンズに垂れたときなど、よくこうなる。メガネをはずして確認してみた。とくに問題なさそうだった。再びメガネをかけて作業を始めた。だが30秒ほどして、視界がまったく恢復していないことに気がついた。やっぱり変だ。

あらためてメガネをはずしてみた。左のレンズがなくなっていた。あわてて、足下を探った。落ち葉が積もっていた。焦点の定まらない目で(なにしろ矯正が効いているのは右眼だけなので)探す。さいわいすぐに見つかった。レンズを止めていたビスがなくなっていた。ビスも探してみたが、小さすぎて、さすがに見つからなかった。

仕方がないので、メガネ屋さんにいくことにした。いまのメガネをつくってもらったのは、本八幡のユニオンメガネである。見え方も形も丈夫さもしっかりしていて、とても気に入っている。廉価を謳うチェーン店は多々あれど、そういうところでメガネをつくろうと考えたことはない。

BD-1でユニオンメガネまでひと走り。お店は親子でやっている。息子さんが対応してくれた。

レンズをフレームに装着しなおす。レンズは、すでにつくってから6年が経過して、表面のコーディングがはげかかっている。気づかないはずはないだろうに、レンズ交換をしてはどうでしょう、お安くしときます、などと営業めいたことはひと言もいわない。ただ黙々と作業が進められてゆく。

鼻パッドを交換し、ラジオペンチのような道具でつるの開きぐあいを調整。ぴたりと顔に収まった。メガネを洗浄してもらい、ケースまでいただいた。わずか15分ほどで、メガネは元通り、いや、元よりもすっかりきれいになった。

つぎにメガネをつくるときも、やはりこのお店にお願いするつもりである。

ジャックパーセル

コンバースのジャックパーセルを買った。レザーもあるが、丸洗いできないというので、キャンバスにした。洗わないスニーカーというのは、ちょっと想像したくない。

スニーカーを買うのは、何年ぶりだろうか。この30年、スニーカーといえばオールスターばかり履き継いできた。ジャックパーセルは当然、初めてだ。

型の関係なのか、オールスターより1サイズ大きい。布きれ一枚といった風情のオールスターに比べると、そこそこホールドされる感じがあり、ずっとスニーカーらしい履き心地だ。とはいえ、近年の高機能なスニーカーからすれば、古色蒼然たるものだろう。

ジャック・パーセルとは、往年のバドミントンの選手の名前だという。同梱されているラベルには、いまにもスマッシュを打とうとする人物の絵が描かれている。そのことを《みの》に話し、ラベルを見せてみた(かれの頭の中の95%はバドミントンで占められている)。「ふううん」という反応であった。

スニーカーというより、ジャックパーセル、あるいはオールスター。こんなふうに、モノを商品名で指定するという行為は、メディアにまみれた現代社会ならではの実践パターンだといえる。

最近の散財:フットヒーター

しばらく前のことだが、メトロ・フットヒーター (MFH-180ET) というのを買った。仕事机の足元におき、そこに足を載せて暖めるというものだ。調べたかぎりでは Amazon.co.jp が最安で、約8000円だった。

製造元はメトロ電気工業という会社。こたつの電熱器のメーカーらしい。この製品は、まさにその電熱器だけをこたつからとりはずして天地をひっくりかえし、木製の枠に収めたようなもの。手許で操作できるコントローラーも、電源ケーブルも、こたつ用のものをそのまま流用しました、という代物である。そのぶん信頼性は高いのかもしれない。

実際につかってみると、けっこうぐあいがよい。足元が寒さでしびれるようなこともなくなった。お正月明けに届いて以来、ずっと愛用している。仕事をしているのは穴蔵のような小さな部屋(「隠れ家」とよばれている)なので、こうなると部屋の暖房もほとんど必要ない。頭寒足熱のほうが気持ちがいい。

といっているうちに、ぼちぼち暖かくなってきた。

ゴミ箱を買う

090529humanscale.jpg

キッチンのゴミ箱を新調した。ヒューマンスケール社という米国の会社の製品だ。ゴミ箱としてはそれなりにいい値段がするが、質感も使い勝手もよい。

これまでは、十年以上前に通販で買ったものをつかっていた。全体はFRPか何かでできていて、足でペダルを踏むと蓋が上にパコッと開く。便利だったので、今回も同じようなタイプを探してみた。うちに送られてくる通販カタログをみて、候補をあげてみた。だが、どれもいまひとつピンとこない。ネットで探して、このヒューマンスケール社のゴミ箱を見つけた。何種類かあったが、ぼくが選んだのは、蓋が両側に開くバタフライ式というやつだ。

全体はステンレス。シンプルなデザインだが、細部までよく考えられている。ペダルは軽く、踏んだ勢いで本体が動くようなことはない。バタフライ式だから気密性はいまひとつ。ゴミ箱の内部に引っかけるビニール袋の口は、まめに結んで閉じておいたほうがよさそうだ。

ゴミ箱ひとつだが、適当につくられたものと、ゴミを捨てるという行為をよく考えたものとでは、ずいぶんちがう。個々のちがいは、けっして大きなものではない。だがそれらを積分して全体として見ると、両者は似て非なるものとなる。なにもゴミ箱に限った話ではない。

ホーム > ガジェット・道具 > 生活の道具

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 積み重ねの先にあるもの 2016年11月27日
     こんにちは。<チャーリー>です。 とうとう、卒論のゼミ内提出までの日数は残り1ヶ月を切りました。最近わたしが […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る