ホーム > お知らせ > その他のお知らせ

その他のお知らせのアーカイブ

シバミノルのアーティスト・イン・レジデンスと個展

ゼミ1期生のシバミノル、最近は浜松方面で「制作場所提供事業」(アーティスト・イン・レジデンスの役所ふうの言い方らしい)に採択され、活動しているようです。中日新聞にも記事が掲載されました。主題はむしろ事業そのもののほうですが、ちゃんと「画家」と紹介してもらっています。
▼中日新聞web
昭和初期の警察署 無償のアトリエに
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20170201/CK2017013102000269.html

シバミノル個展2017フライヤー

この場所で、シバミノルが個展をひらくそうです。

  • 「ここにいる」
  • 日時:2017年2月18日(土)—2月26日(日)1000−2000(2/20休館)
  • 場所:浜松市鴨江アートセンター
  •  浜松市中区鴨江町1番地
  •  Tel: 053-458-5360
  • ワークショップ「くろにかく」:2月18日(土)第1回1500、第2回1600
  • http://shibaminoru.jimdo.com

みなさま、どうぞよしなに。

卒業生より二人展開催のお知らせ

昨日につづき卒業生からのお知らせ第二弾。こちらはメディア系列一期生の二人(有地慈・シバミノル)による展示の告知です。

有地さん執筆の案内文を貼付します。そういえば、このころは授業で鶴見俊輔さんの『限界芸術論』を読んでいたのでした。

会場は元和菓子屋さんをリノベーションした場所だとのこと。なんか渋そうですね。

どうぞよしなに。

====

『ヒロインに告ぐ-「限界芸術」をリブートする-』@あをば荘
会期:7月1日(金)~17日(日) 
会期中の金土日オープン
14:00~21:00(金曜日は18:00~21:00)
会場:あをば荘
http://awobasoh.com/?p=1084

160617itsuki-shiba

「限界芸術をリブートする」をコンセプトに、7月に同期のシバミノルさんと二人展をします。
平面作品中心のインスタレーションになるかと思います。
簡単に言うと絵とか細々した生活っぽいもので空間を作ります。

—-
「限界芸術」は鶴見俊輔の「限界芸術論」からとっています。

「限界芸術」とは、王道の「芸術」と「生活」の境界に位置されます。
しかし、その「限界芸術」は、「生活の中で作る人間」ではなく、「外側から発見する人間」ありきの芸術論です。

私たちは、時に作る側となり、時に見る側となりながら生活をします。
その日々の積み重なる経験から「美」の契機を発見し、作品を生み出します。

「生活」に沿う形で制作している私(たち)が、どうすれば主体的でいられるだろうかと考えました。
見つけられたから「芸術」になるのではなく、自らこれは「芸術」だと確信できる瞬間とはどこか、
それを探っていくという試みです。

卒業生よりグッズ作製サイト開設の宣伝

卒業生よりお知らせ、というか宣伝です。

宣伝の内容としては「オリジナルグッズ・同人グッズなどを小ロットで作製できるサイトを開設しました」とのことです。
http://www.taiyosp.com/comic/

160616kujiraya

「創作活動・同人活動などされている方や、なにかオリジナルのグッズをつくりたい方はぜひぜひご利用ください!」というのがメッセージです。

会社を説き伏せほぼ独力で作成したサイトとのこと。ひやかしでも見てやっていただけるとありがたく存じます。ただし「ソースは見ないでほしい(笑)」のだそうですが。

なおtwitterはこちら。
https://mobile.twitter.com/kujiraya_goods?ref_src=twsrc%5Etfw

どうぞよしなに。

日本赤十字の熊本地震義援金へJCBカードから寄付する方法

熊本および大分をおそったこのたびの地震で被災された方がたに衷心よりお見舞い申しあげます。

日本赤十字社の「平成28年度熊本地震災害義援金」へ寄付しようと、ふつうにアクセスすると、つぎのページにたどり着きます。
http://www.jrc.or.jp/contribute/help/28/

しかしながらこのページでは、寄付金の支払い方法として、郵便振替や銀行振込、コンビニ端末払いなどが指定されている一方で、クレジットカードについては案内がありません(4月21日現在)。

ところが、JCBカード限定ではあるものの、それが可能な方法をたまたま見つけました。

JCBのサイトにある下のページに詳しい方法が記載されています。
http://www.jcb.co.jp/news/gienkin_160418.html
このページ内に記されたリンクから日本赤十字社のJCB専用寄付サイトへ飛べば可能です。

発行母体や種類などの違いにかかわらず、すべてのJCBカードで可能のようです。他のクレジットカード・ブランドでも同様のことが可能なのかもしれませんが、そこまでは調べていません。

この方法、じつは知っているひとは知っているような情報かもしれないのですが、参考までにメモしておきます。なお宣伝やらアフィリエイトやらの類ではありませんので、念のため。

160421kumamoto

上の写真は2007年に撮った熊本城と熊本市街です。復旧復興を祈念しています。ぼくも近いうちにまた熊本へ行ってみたいとおもっています。

山形の空間芸術研究所

建築家の矢野英裕さんは、安藤忠雄先生の東大での講義をまとめたご著書『建築を語る』の編集をしたときの安藤事務所側の担当者だった。一緒に苦楽を共にしたというと大げさかもしれないが、あの本ができるにあたって矢野さんが大車輪で活躍されたことはまちがいない。

その矢野さんが、先ごろ故郷の山形にお戻りになり事務所を開設された。空間芸術研究所という。http://vectorfield.net

山形という土地に根ざしながら世界へ向けて建築を発信してゆくというのは、とても愉しみである。さっそくあちこちから引きあいがあって、開設まもないというのにすでにかなりご多忙らしい。ぼくも陰ながら応援させていただきます。

160330shounai

なお写真は、直接関係ないけど、山形県酒田市から奥山手代林道を北へ向けて走ったときのもの(2010年9月)。正面奥に見えるのが鳥海山である。

ホーム > お知らせ > その他のお知らせ

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (146)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (243)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 変わっていく 2017年2月13日
      こんにちは。〈ミルクティー〉です。 2
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る