アナーバー日誌

写真で見る創造博物館 Creation Museum 2/3

写真で見る創造博物館。前回はエントランスから最初の動画とプラネタリウムまでを紹介した。今回は展示を見てゆく。
著作・寄稿のお知らせ

日経新聞に書評を寄稿

日経新聞に書評を書かせていただきました。今回とりあげたのは、森貴史『踊る裸体生活――ドイツ健康身体論とナチスの文化史』(勉誠出版)です。
アナーバー日誌

写真で見る創造博物館 Creation Museum 1/3

先日も告知させていただいたとおり、『情報管理』誌に発表したエッセイで、ケンタッキーにある創造博物館 (Creation Museum) について書いた。ここでは同館でぼくが撮影してきた多数の写真のなかからいくつか選び、同館のようすを紹介してみたい。長くなったので3回にわける。
アナーバー日誌

アナーバー今季初めての積雪

12月7日のアナーバーは、朝から雪だった。うっすら積もっていた。 雪が舞ったというだけなら、4月にも一度あったし、ハロウィーンのときもそうだった。今週の火曜日や水曜日も夕方には小雪がちらついていた。しかし積雪となったのは今シー...
著作・寄稿のお知らせ

情報×遊戯性――創造博物館のアトラクション的手法から考える

秋の初めに書いていた「情報×遊戯性――創造博物館のアトラクション的手法から考える」が公開された。掲載誌は『情報管理』12月号(Vol.60 No.9)で、科学技術振興機構(JST)が発行している。冊子版は大学図書館のようなところでないと見られないかもしれないが、J-STAGE上にWeb版が公開されているので誰でも読むことができる。ぜひご笑覧ください。
映画を観る

みんなでうたおうホワイト・クリスマス

「みんなでうたおうホワイト・クリスマス」(Sing-Along White Christmas) へ行ってきた。サンクスギビング翌日の金曜日の夕方、場所はアナーバーのダウンタウンのアイコン的存在であるミシガンシアターである。映画『ホワイト・クリスマス』(1954年)を観ながら、劇中歌を観客みんなでうたおうという企画だ。
アナーバー日誌

サンクスギビングの起源の神話

前回サンクスギビングの七面鳥とディナーの話を書いた。今回はその背景の話。サンクスギビングのことを日本語で「感謝祭」と訳す。それはそれでいいのだろうけれど、ぼくの感覚だと少しさっぱりしすぎるような気もする。もう少しニュアンスがあるのではないか。サンクスギビングは、アメリカの起源の神話と関係した祝日である。
アナーバー日誌

サンクスギビングの七面鳥

11月23日はサンクスギビングだった。11月の第4週の木曜日をサンクスギビングの祝日と定めたのはリンカーンだそうだ。翌日の金曜日も休みにする会社も多く、大学も休講となる。水曜日あたりが旅行に出るひとたちで空港も高速道路も大混雑となるらしい。いつもなら路上駐車だらけの大学周辺の道もがらんとして、人影もまばらだった。
アナーバー日誌

ミシガン大学における白人至上主義者講演問題

11月21日、ミシガン大学の学長は、白人至上主義者の論客リチャード・スペンサーからかねて要請されていたキャンパス内での講演の許可を求める要請について声明を発表した。報道されていたとおり、渋々ながらも事実上容認する方向みたいである(たとえばワ...
アナーバー日誌

アップルサイダーとドーナツ

ミシガンの秋の名物のひとつが、アップルサイダーだ。サイダーといっても炭酸飲料ではない。リンゴの絞り汁である。ミシガンはリンゴの産地なのだ。アップルサイダーをつくる工場のことをサイダーミルという。サイダーミルにいってアップルサイダーとドーナツをたのしむのは、ミシガンの秋のたのしみである。10月の終わりに、ぼくも行ってみた。
タイトルとURLをコピーしました