ホーム > 今日みた風景

今日みた風景のアーカイブ

暮れたあとの空

日本のクリスマスは消費イベントという側面が強いが、もともとは冬至のお祭りという性格をもっているんだよ、という話を先日学生にしたら、妙に感心していた。

その冬至の少し前のことだ。夕べに江戸川沿いを歩いていたら、こんな夕景に出会った。

161230sky

年に一度目にできるかどうかという夕景だった。

空は暮れてからがいちばんうつくしい。青いところと赤いところのあいだに緑色の帯が見えるから。こんな空なら、あと何度だって見てみたい。

2016年は例年にもましてあわただしく過ぎ去っていった。いろいろあったけど、ぼくなりによくがんばった一年だったとじぶんに言ってやりたいとおもっている。

冬至も過ぎ、その一年もまもなく暮れゆく。

冬至のお祭りとは再生の祭りである。だから今年が暮れたあとには、太陽のまわりをまわる地球の新しい旅が始まるのだ。

みなさん、どうぞよいお年をお迎えください。

実家を処分した日

名古屋の実家を処分することにした。「処分」という表現が適切かどうかはわからないけど、ようするに売ってしまうということだ。

父が亡くなってからの10か月間でぼくが経験したのは、もろもろの雑事の連続であった。人間というのは身ひとつで生きているようなものではなく、きわめて世俗的・現実的な意味において社会的存在であることを思い知らされた。

いろんなことを判断して物事を処理していかなくてはならない。時間的制約もあるため、それらを粛々と進めてゆくほかない。ぼくは、そういうときに感傷にふりまわされることなくわりあい冷静に対処できる性質なのだが、それでも何度か気が滅入るようなことがあった。

実家の処分という判断は、その最大の例のひとつかもしれない。

161216nagoya

処分してしまうという判断そのものは、合理的であり、しごく妥当な選択だとおもう。

続きを読む

秋空と稲

しばらく前に撮った秋の空。スカイツリーの上にひろがっていた。

161005akizora01

空に同じ空は二つとない。見上げれば、いつも違った空がそこにある。

空を見上げるのを忘れるような人生は送りたくないとおもう。

同じ日に撮った田んぼ。

161005akizora02

遠目には「実りの秋」といった色合いだった田も、近くに寄って見るとこのとおり、稲がばったり倒れていた。長雨と台風の影響なのか。

このあとまた蒸し暑さが戻ってきて、秋の空はどこかへ行ってしまった。

彼岸花

散歩の途中に見かける彼岸花。先週はこんなようす。ちょうど見ごろだった。

161004higanbana01

こちらはその前の週、つまり二週間前のようす。まだ芽が伸びてきたところで、花には少し早かった。

161004higanbana02

そして今週はもう枯れて、花はほとんど散ってしまっていた。

彼岸花は不吉なイメージと結びついているのだそうだが、個人的にはむしろ、ちょっとふしぎな植物だという感覚のほうが強い。

というのも、花が散ったあと葉が出て冬を越すが、春に葉が枯れると、あとは地上にまったく姿を表さないまま夏を越すからだ。なんとなく、蝉の生態を連想してしまう。

さらに個人的なことをいえば、人生最初の(映画館で観た)小津安二郎監督映画が『彼岸花』だった。それが幸運だったかそうでなかったかはともかく。

夏畑の日常

台風が三つもやってきているというのに、今日はぽっかり晴れて暑かった。午後に少し散歩に出てみた。

途中で、畑のまんなかをとおる。この時期にここを歩くと「夏畑」という言葉が浮かぶ。

160819natsu01

夏畑とは夏の季語のひとつだ。わりに好きな言葉である。

しかし今年の夏は、この季語をつかうタイミングをすでに失してしまった。暦の上ではもう夏は去ってしまっている。それどころかお盆もすぎて、日もずいぶん短くなった。夏至からもう二カ月である。

160819natsu02

暑いことはまだ暑い。だが夏はほとんど退場しかけているように感じられる。

西日本では猛暑続きらしいが、首都圏では今年の夏はいまひとつ夏らしさに欠けた印象だ。過ごしやすくて助かる反面、物足りない気持ちもないではない。

ここにあげた写真三枚は、いまいち夏らしい印象に乏しいこの夏の光景を切りとってみたもの。撮影日はそれぞれ異なるが、3枚ともほとんど同じ場所で撮影されている。

160819natsu03

とりたててなんということもない一瞬の光景。だが、その一瞬のなかに、現在のぼくたちが生きる現在のあらゆる問題へとつながる回路がたたみ込まれている。そうした観点からぼくたちの「日常」を捉えたい。そう、いつも考えている。

ホーム > 今日みた風景

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (146)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (243)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 先入観 2017年3月24日
       こんにちは、〈うさぎ〉です。わたしたち8期生は、先日明治学院大学を卒業しました。最近は桜の花もちらほらと […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る